SUGOで故障した18YZ250F作業
起因がどれか、は分かりませんが故障個所を特定していきます。
エンストの原因が分かるまで予選トップも狙える展開だっただけに「直前にエンジン全分解してるの俺だし、悪い事したなぁ…」と申し訳ない気分でした。

まぁ、違ったんですけどね。

a0086680_17411906.jpg
クーラントが400ccほどしか残っていなかったので、エンジンを掛ける前にウォーターポンプを確認します。
因みに前回、時間と予算の都合でウォーターポンプだけ分解してないんです。名阪決勝走ってないし。

a0086680_17431705.jpg
シャフトはカジリ発生してますが、漏れる程ではなく。

a0086680_17432349.jpg
まぁ、当分使うみたいなのでシール、ベアリング全て交換しますけどね。

a0086680_17280032.jpg
ケースカバーのoリングもちゃんと新品に交換してるので、もし漏れているならラジエターかホース、クランプ。
エンジン掛けて何処からも漏れてないならラジエターキャップの異常か単なる締め忘れ。

なお、エンジン組み立ててから2、3日乗ってSUGOでも公式練習終わるまで何のトラブルもなく使っていたみたい。で、予選でいきなり壊れたと。

a0086680_17471808.jpg
クラッチまったく焼けてないのでオーバーヒートが原因でエンジンが停まった訳ではないみたい。

a0086680_17472306.jpg
ヘッドカバーを開けて腰上の加熱状況も確認。
ヒートさせ過ぎるとカム山とかリフタが変色したりカジリ起きるんですけど、こっちも全く問題無く。

a0086680_17485027.jpg
エンジンオイルはこんな感じ。
クーラントが減った影響でエンジンオイルもブローバイから吹いたらしく量は若干少なくなってました。
左は抜き取ったクーラント総量。

と…このタイミングで某偉い人から

「どの道そんな状態なら水温センサー壊れてるだろうしヘッドガスケットも抜けるから、ヘッド外してちゃんと修理しなきゃダメだぞ」と指導入りました。

えぇ…ヘッド外すの面倒なんですが……(後方排気YZFは慣れれば簡単と言う話も有りますけれど)。

a0086680_17500792.jpg
仕方ないのでパワーコマンダーを繋いでダイアログを確認します。
純正でこれが着いて来るあたりがYZFシリーズが未来に生きているなぁ、と感心する所。

※でもFIはもっと細かくセッティングできる機能も付けてほしいです。

a0086680_17501132.jpg
エンジン的には何も問題無い事を確認したので、規定量のクーラントとエンジンオイル入れてエンジン始動。
明らかに水温がおかしい…(マイナス20℃て)。

a0086680_17501640.jpg
エラーコード21で水温センサー故障を確認しました。
水温センサーが壊れたからエンストしたのか、クーラントが減ってセンサーが壊れたのかは不明。因みにクーラントは現状、何処からも漏れてません。やっぱりラジエターキャップか…。


てな訳でYZ250F部品も金曜の夕方には届きます。
返却は土曜の夜かしら。

# by godflooring | 2018-11-14 17:57 | 仕事 | Comments(0)
エンジン異音でハマってるTT250Rですが
今度こそ答えが出る…筈。
a0086680_17260842.jpg
テンショナーを手動で押し込むとアイドリング時の異音は治まる(回すと再発する)事からテンショナーを新品へ交換。チェーン自体は既に交換済み。テンショナーガイドは異常無しです。

結果はNG。
逆に異音が大きくなりました。

まぁ変化があったという事は、やっぱりテンショナーも交換時期だったんですけどね。

a0086680_17273598.jpg
インテークとエキゾーストのカムシャフト、カムスプロケット、リフタを入れ換えてみたけど結果は同じ。

「…ん?」と思い立ち、再度バルブクリアランス測定。
以前調整した数値と変化は無かったのですが、エキゾースト側(0.24mmに合わせた)に0.3mmのゲージ…入る。0.4mmゲージ……これまた押し込めば入る。
こんな感じで最終1mmのシックネスゲージまで差し込める状態。よく見るとゲージを差し込むとバルブリフタが下がっていく…と。
因みにインテーク側はアジャストした数値以上のゲージは差し込めません。

うむ…どうやらバルブスプリングの様だな……。

a0086680_17275077.jpg
しゃーないので順次ヘッドを外していきます。
ここまで来るとカムチェーンじゃなくバルブかおかしい。

a0086680_17300863.jpg
本日、インテークに着けていたバルブスプリングをエキゾースト側へ組んで再度ゲージ差し込み。
うん、調整した数値以上のゲージはどう頑張っても入りません。

バルブガイド脱落の可能性も有ったので、それも確認。
ヘッド全体を200℃まで暖めてからガイドをアルミ丸棒で上から叩いてみましたがピクリともバルブガイドは動きません。なのでガイド脱落の線は無しで。

バルブスプリングとステムシールは金曜の夕方までに届く筈。
これで直ってくれれば良いのですが。


熱に非常に弱いエンジンなのでシリンダーガスケットとoリングも再度交換です。



いい加減まともなスプリングテスター買おう……(加圧メーターで代用してた)

# by godflooring | 2018-11-14 17:37 | 仕事 | Comments(0)
結線作業に大変便利なスリーブという部品
a0086680_17212281.jpg
こんなの。
配線を繋ぎ直す時に被膜を剥いだ線同士をコレでカシメて使います。

ビニテで巻いただけとか半田付けは信用出来ん。

a0086680_17213703.jpg
んで、KDX250SRに以前取り付けたLEDウィンカーを今回お客さんが持ち込んだ流れるLEDウィンカーへ変更。メーカーは知らない。
前回はICリレーをDRC製に交換して規定の点滅回数に合わせたんだけど今回はノーマルリレー戻しで点滅回数が規定になりました。

って事は…省電力になってないんじゃないか?

# by godflooring | 2018-11-14 17:24 | 仕事 | Comments(0)
手付かず、なので明日やる作業・・・と雑談
(これまた)オーバーヒートした岩埼クンのエンジンは明日、原因調べます。と言うか「オーバーヒート対策しろ」って某とても偉い方から天啓が。
エンジンは良いんだけどリヤホイールの回転不良対処がユーウツ…(以前YZ125で諦めたのと同じ症状です。YZ系のリヤホイール不良は最近増えてきたので、今回は図面引いて部品製作でちゃんと対処する方向で)。

KX250Fのプロサは補強パネル入れてもらってる最中です。
溶接終わったら、ちゃっちゃと組み立てて直接持って行くのでメガ盛り奢って下さい。

TT250Rはテンショナーボディを一旦緩めて、プラグボルト外してからマイナスドライバーでテンショナーアームを少し押し出してからボディを再度締め込むという禁じ手(※この方法はテンショナーボディが砕けちゃったりするので真似しない様にね!)で無理やりカムチェーンを張ってエンジンを始動したら異音消えました。が、TTRのテンショナーはラッチ式ではなく無段階調整なのでアクセル煽ったらイッパツで異音ド派手仕様に戻っちまった…。この時点で「まぁ9割テンショナーのテンション不良でしょ」とは思ったんですが、別の原因だと嫌だったのでカムスプロケット、カムシャフト、フィルタをインテークとエキゾーストで入れ換えてみました。結果は何も変わらず。

そんな訳で明日、新品テンショナー入荷したら交換です。
「分解した加減で寿命来ていたテンショナーが終了」ってパターンだろな。


KX85のリムとかSL230のエアインジェクション廃止の方法も考えなきゃ……。



あと、車。

11月で車検切れって思ってたんだけど検査は来年でした(いつも車検をお願いしている友人から指摘が)。以前買い物をした某○ート×クスが先日ダイレクトメールで「ぼちぼち車検ですよ~是非当店にご用命ください!」なんて送って来たのですっかり騙されちまった…。
でも車検に合わせて車内外お掃除したしエアコンのエラーも直したし・・・(単なるフィルター詰まりが原因)、せっかくだし友人の店行ってエンジンオイル交換してもらって、燃料タンクにフューエル1放り込んでガソリン満タンにしてから帰って来ました。現在19万8000キロ…果たしていつまで使えるのかボロ車。

アイドリング時の振動が限界超えて不愉快なので「マウントブッシュやろか…」と思いつつも、いつもの(久々の)Takeyamaさんお勧め丸山モリブテンを手配。これで劇的に改善される…筈。燃費も最近高速道路でも落ちてきたし(一番新しい記録でリッター12キロ。過去モリブテン投入時の最高記録はリッター17キロだったり。因みにメーカー公表新車燃費は13.4kmの車だす)。

まぁO/Hしたりブッシュ交換したりするのが根本的解決なんだけど、面倒だしやらないです。
買い換えまで延命延命……。

RM85のスイングアームピボットベアリングは本日RMX作業と平行で抜き取りました。
プレスで抜く時は抜き取る方向に注意。内側から押し出さないとスイングアーム曲がりますよ!


ほいで-(※ジュニアを面白いと思った事は一度も無いがな!)

なんかここ2週間、来客が多い気が…。
んで、自分も現実逃避で会話がすごーく長くなってしまい、訪ねて来て下さった皆さん長時間ゴメンナサイでした。クーラントだばだば漏れる件はラジエターキャップ寿命で間違いない筈です。


今から2時間ほど事務作業してから寝ます。
またも夜型に戻っとるじゃないか…(先週1週間は朝6時起床夜0時就寝だったんだがなぁ)。


起きたら毎年って勢いでLEDウィンカーを買い換えているお客さんのKDX250SR預かって、以前追加したICリレー外さなきゃ…(もう変圧ボリューム付けちゃおうかとか割と本気で思ってたりする昨今)。



自分のKX250F修理してコンタクト買うまでバイク乗れません。
まぁ乗らなくても良いかな-、とか思い始めてる時点で終わってますって話ですけどね-



無性に(今更だが)JOG-ZRが欲しくなったりする昨今。
アドレスV125も良いなぁ。しょっちゅうインテークの掃除しなきゃいけないのだけ面倒だけど。

# by godflooring | 2018-11-08 02:24 | 仕事 | Comments(0)
またもRM-Z250エンジンO/H
後から入ってきた仕事だから後回し…じゃないと他のお客さんに怒られるんだけど、所属チームのトップに「やってくれへんかー」とか言われたら「えぇ、喜んでお仕事させて頂きます!」と答えるしか選択肢が有りません。

あの方のお話を断れる人がMX関係者には殆ど居ないんじゃないかな-、と思います(笑)。

a0086680_02105968.jpg
オーバーヒートで故障したエンジンの修理でゴザイマス。

「納期はいつですか? え、お急ぎではない? 具体的にはいつ返却ですか?」
「5日後やな(ニッコリ)」

クランクシャフト&ピストン交換(新品)、シリンダー交換(使い物にならなくなっていた中古シリンダーを使える状態まで修理→何気にこれ大変だった…)、ミッションは異常無しというお話なので一応シフト機構も含め分解点検、ヘッド分解して軽くシートカットからの仕上げ→組み立てで総作業時間2・5日で完成まで持って行きました(本来の納期は1週間~10日)。


中古エンジンは時間が掛かるのです(全部新品なら3~5時間で終わる)。

# by godflooring | 2018-11-08 02:14 | 仕事 | Comments(0)