<   2014年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
RM-Z250(10~モデル)のカウンターシャフト側オイルシール交換方法
追記:13~のDリングは細くなっている側が外側になる様に組んで下さい。ま、カラーの段差形状を見たらご理解いただけるとは思いますが念の為。


ウチで管理してるRM-Zでは漏れた事無いんだけど、時々「スプロケット裏からオイルが漏れるんだけど、どうしたらいい?」という問い合わせが有るので簡単にまとめておきます。

つまり自分でやってくれ、と(笑)。

※ちょっとでも不安に思う場合は持ち込んで下さいorコースで声を掛けて下さい。部品は常に持参しています。

a0086680_17251000.jpg
①スプロケットカバー、スプロケットを外します。
13からボルト止めになってますが、作業手順は殆ど同じです。

a0086680_17252162.jpg
②すでに外していますが、リテーナーを外します。
今回ドライブチェーンは着けたまま作業しましたが、慣れていない人やドライブチェーン遊びが少ない場合はさっさと外して作業して下さい。

※RM-Zは若干、チェーン張り気味の方が良いです

a0086680_17252782.jpg
③外したリテーナー。まずはこれを外してからカラー→シールを外します。

a0086680_17251649.jpg
④リテーナーを外した時点で清掃します。
シール表面やカラーを綺麗にしましょう。

a0086680_17253221.jpg
⑤綺麗になったら、次はカラーを引き抜いて外します。
傷防止の為に軍手で覆ってますが、急ぎならプライヤー直でもイイんじゃないですかね・・・錆びやすくなるからイヤだが。

a0086680_17253944.jpg
⑥取り外したカラーと、一緒に着いてきたoリング。10~12RM-Zはoリングが2本有りますが、残り1本はこの後取ります。13~RM-ZはDリングですね。

a0086680_17354861.jpg
⑦オイルシールを外します。一気に外すのでは無く、いろんな方向からスクレッパーを差し込んでジワジワ外していくのがコツです。

a0086680_17355382.jpg
下からも軽く差し込んみたり、また上からも差し込んで行くと・・・

a0086680_17355838.jpg
こんな感じで全体的に浮いてきます。
あぁ、俺もいつも周囲に溶け込めず浮いてるな-(どうでもイイw)。

a0086680_17381627.jpg
取り外したオイルシール形状。この形なのでスクレッパーで外せるんですよ。
CRFとかだと通常形状なのでスクレッパーじゃ取り外せないんですよね。ま、あれは木ネジを3本くらい捻じ込んで外すんですけど。

a0086680_17394600.jpg
⑧取り残されていた、残りのoリングを取り外します。13からのDリングを取り外すのも、この段階で良いと思う。

a0086680_17404430.jpg
⑨スプロケットカバー、スプロケット、リテーナー、カラー、オイルシール、oリング(Dリング)全て外れました。
書き忘れてましたが、エンジンオイルは抜かなくてもRM-Zの場合は作業可能です。

a0086680_17420751.jpg
カウンターシャフト軸の傷チェック。
ま、やらなくても大丈夫ですけどね。多分(多分かよw)。

と言うか、この時点でオイル漏れの原因になり得る傷を見つけても普通の人は修正できないだろう・・と言う判断(ゴミが入るから)。ゴミ入らない方法は有るんですけど、長くなるから割愛。

a0086680_17462043.jpg
⑩交換するオイルシール、oリング(Dリング)、カラーにグリスを塗ります。カラーを使いまわす場合は表面を軽く研磨して下さい(錆びたままとか、シールのリップで出来た傷が深い場合、そのまま再利用するとオイルが漏れます)。
グリスは出来ればシリコングリスが良いですけど、無かったら通常のリチウムグリスでも良いです。

a0086680_17484119.jpg
⑪シールのグリス塗付状態。こんな感じでリップの溝をグリスで埋めるのが正しい。異論は一切聞かない(笑)。

a0086680_17494582.jpg
⑫カラーにもグリスを塗布します。

a0086680_17503324.jpg
⑬オイルシールを取り付けます。
RM-Zのオイルシールはとても柔らかい(カラーを着けた時点で適正な硬さになる)ので、指の力で簡単に取り付けられます。

画像とはちょっと違いますが(片手で撮影してるから)、両手の親指でグっグっと押して段付きの所まで均一に押し込んでください。

a0086680_17524445.jpg
⑭oリング(13からはDリング)を取り付けます。これもグリスを塗ってから組んで下さいね。

a0086680_17532595.jpg
カラーで押し込むとリングが破損する事が有るので、先端の滑らかなドライバー等でoリングを一番奥になる様にセットします。

a0086680_17543056.jpg
こんな感じにリングをセットしたらカラーを取り付けてOK。

a0086680_17550030.jpg
⑮カラーを取り付けます。段付き側が奥になる様にセットして下さいまし。
要するにまっ平なのが表側。

a0086680_17555260.jpg
カラーも軽く押し込むだけで取り付けられます。
一番奥まで入ってない感じだ・・・と思った時は強引に押し込まず、一度カラーを外して点検して下さい。無理に取り付けようとするとoリング(Dリング)が破損します。

焦っちゃ駄目なんだぜ。

a0086680_17582005.jpg
⑯リテーナーとボルトを清掃します。
リテーナーは綺麗にしてから組んで下さいね。そもそもココでオイルが漏れてくるのはスプロケット裏側の清掃が甘いからなんですよね。

RM-Zはリテーナー固定ボルトがクランクケースボルトを兼ねているので、ネジ山も含めて清掃して下さい。

a0086680_18002664.jpg
⑰リテーナーを取り付けます。上下が決められている(と言うか、着く様にしか着かない)ので若干注意。

a0086680_18011686.jpg
ドライブチェーンを着けたまま作業をしたので、ボルトを通す時はこんな感じ。
うん、やっぱりドライブチェーンは外してから作業した方がイイんじゃないでしょうか。

a0086680_18034873.jpg
⑱リテーナー固定ボルトを10N-mで本締めします。

a0086680_18042236.jpg
リテーナーは取り付けに余裕が有るんですけど、カウンターシャフトと同心円上になる様に固定して下さいね。



いじょ。

補足:インジェクションRM-Zでは唯一、2010モデルだけがリテーナー無しなんですけど追加で取り付けておいた方がイイです。

不安な場合は、アタクシが駆けつけるまでオイルを足し足ししつつ走行して下され・・・(ほぼ私信)。

by godflooring | 2014-07-30 17:33 | 仕事 | Comments(2)
黄色ざんまい
あぁBike乗りたいなぁ。

a0086680_02255039.jpg
先週4日間、泊まりで走り込みに来ていた選手に貸し出した11RM-Zの整備。
ま、引き揚げてから車体は一通り分解整備してるので点検程度です。

a0086680_02254242.jpg
RM-Zの車体で弱点と言えば、ココくらいですかね。
マメに分解してグリスを常に詰めておけばオッケー。

a0086680_02255716.jpg
ようやく車体丸ごとのRM-Zが入手出来たので、長らくお待たせしているアンダーガード用ステーの製作を開始・・・するも、用意した鉄板がゴッツ過ぎて駄目。明日もう少し曲げ加工のしやすい素材を探して来ます。

あとは何だっけ・・・?

あぁ、飛び込みでキャブ整備1件やって、もう1件エンジン不調のQ&Aやったくらい(こっちは現車は見てないので来週、持参してもらう様お願いしました)。

a0086680_02260344.jpg
注文してるリム待ちなんだけど、何となくRM125のタイヤをD756からBSのX30に変更してみる(リヤだけね。フロントはM403)。

結論。
こんなにビードの硬いBSはBSじゃねぇ・・・次はMX52にしよっと。

あ。

最近はリムバンド推奨派です。以前は「何が何でも布テープ!」だったんですけどね。タイヤ交換の方法を変えたからリムバンドの方が作業しやすいし。
って言うかグリスも塗らずに組んでるホイールで布テープは最低なんですよ(固着まっしぐら)。剥がすの大変だし。

今日はこのRMを手に入れて一番びっくりした事が・・・リヤホイールのチューブが21インチ用だった。ツーリング先の応急処置じゃないんだから、こういうのは本気で勘弁してほしい。この前乗ったのがマディの生駒で良かったよ本当。


藤沢→SUGOのインターバルが短か過ぎて泣ける(仕事にならねぇ)。

by godflooring | 2014-07-30 02:35 | 仕事 | Comments(0)
09RM-Z250再び
随分と更新サボってました。
うんあ-忙しかったからBlog書いてる余裕なんて無いっす。ないっす。

近況としてはあっちこっちのコースへ出没したり11RM-Z250を仕入れて問題なく使用出来る程度まで修理/整備したり14のカムチェーンとピストンリング交換とか色々。3日で4時間くらいしか寝てないって言うトホホ生活を満喫しまくってましたよ!

「それいつもの事だろ」
「そんな日常はイヤだ」

あ、あと2000年式のKX125が突然売れました。書くのを忘れていた気もしますがCRF250Rもシレっと売れました。CRFはともかくKXの方はいずれ戻ってくるとは思いますが・・・。
2002KXのも売れると良いなぁ(→売れる様な整備をしろ、と。そうですね・・・イヤだがw)。

a0086680_23373970.jpg
09RM-Z250のリンクユニット。
リヤサスのロア側以外はベアリングとカラーを交換しました。シールは最高の状態、とは言えないものの09までのRM-Zはシール性がKawasaki並にヒドいので、そのまま(新品にした所で長持ちしない)。

ウチの08KXも同じシール構造なんだよなぁ…こういう時だけはHONDA車がウラヤマシイ(YAMAHA車もイイよ!)。

a0086680_23374425.jpg
このお客様ご愛用のグリスはマキシマのウォータープルーフなんだけど、キャブ車RM-Zにマキシマだと速攻でベアリングが駄目になるので高級なリンク専用モリブテンを投入してみる。

ダスドシールのリップには硬すぎるので、そっちは別のグリスと言うかマキシマ使いました。最初ウレアグリスにしようかなぁ、と思ったんだけどアレって高圧洗車機で簡単に吹っ飛ぶのよね。Wako's MPGも結構乳化するしなぁ。

こういう個所はグリスじゃなく、構造に拠るよね。

マメなんだけど、この頃のキャブ車RM-Zには10~12RM-Z250のリンクユニットとリンクロッドがそのまま使えます。全部新品で揃えると結構な額になっちゃうんだけど、リンクユニット破損だとか中古で程度の良い10~RM-Zの部品が入ったら流用するのも良いかと。
10からは本当に良くなったなぁ、RM-Z。

※凄く宣伝臭いけど、別にRM-Zが売れようが売れまいが俺個人には関係が薄い、と断言しておく(笑)

a0086680_23374958.jpg
前回分解した時は状態が良かったのにリンクロッド側ベアリングが錆びていたので錆び落とし。
結局2日くらい掛かってしまった。

a0086680_23375498.jpg
あとはコレ。

DRC製のチェーンガイドローラーなんだけど、ピクリとも動かなくなってました。このまま使い続けると吹っ飛んでいくんだよね、コレ・・・と言うか、アタクシ自身吹っ飛ばした事有るさ。

普通のベアリング入りガイドローラーならベアリングに交換するなり安く上げるならシールドをめくって錆を除去→グリス封入ってパターンなんですけど金属シールドタイプ(しかも微妙に内側のリテーナーが特殊サイズ)だったので、ローラーのみ分解して潤滑スプレーを隙間から流し込んで回転する様にしておきました。
確か普通のベアリングが使える筈なので最初から着いているベアリングが駄目になったら新品に交換して下さいな。ミニチュアサイズの608でOKな筈。


リヤサスはエンデューロ仕様へ変更するので梱包。他に完全O/Hを依頼するサスも有るので明日まとめて埼玉県へ送ります。
どっちにしても今週中は戻ってこないだろうし。

自分のRMもサス送らなきゃなぁ・・・。


軽く夏風邪っぽぃので、アルバーチンがエミッグをフルボッコにする動画でも観てから(古いなw)、寝ましょう。

by godflooring | 2014-07-28 23:54 | 仕事 | Comments(5)
定期的に更新はサボる
特に書く事が無いとか週末めっちゃ疲れた時はサボります。
うん、まぁアクセスレポートとか見ててランク上位に来ちゃったら大概はサボるんだけど(今回はこのパターン)。

あんまり目立ちたくは無いんだなぁ、コレが。

a0086680_09495312.jpg
RMXエンジン続き。
ケース合わせ面の処理と表面の腐食が酷かったから随分時間が掛かっちゃったって言う。

あ、クランクはスペアの方を錆を落として使う事にしました。
こっちの方がサイドワッシャーの状態が良いのと、振れ幅が少ないので。

a0086680_09495888.jpg
NACHI製クランクベアリング・・・リチウムグリスだらけでイヤになるぜ(洗浄して組み付け)。

a0086680_09500389.jpg
現在こんな感じ。
今日の夕方までには仕上げます。

他にも細々した用事が3件。RMのハンドルとCRのスプロケも今日届く・・・筈。


さてと・・・加工に出しているKX250Fのスイングアームを取りに行きましょう。
んで、道中こんな看板って言うかテントの店舗が有る訳ですけど。
a0086680_09500846.jpg
はんざいの臭いがします(笑)。
お米屋さんなんだけど、もうちょっと何か有っただろ?って感じですよね-。






by godflooring | 2014-07-11 09:55 | 仕事 | Comments(0)
岐阜県にお住まいの某氏へ
※チェーンアジャスターが奥まっていて通常のタップハンドルでは回せない件

M8×1.25のヘリサート用タップなんですけど、ハンパサイズのソケットでも回せない事が判明。

で・・・
a0086680_23022230.jpg
タップ四隅をディスクグラインダーで軽く削ってやれば9mmソケットで回せる様になりました。削り過ぎるとガタガタになっちゃうので、ちょっとづつ削って下さいね(まぁ、その時は8mmソケットで回せるまで削れば良いんですけど)。

御参考までに(笑)。

うんイヤ使わないソケットコマに溶接しちゃえば良いだけなんですけど、それよりは簡単な方法って事で。

by godflooring | 2014-07-04 23:03 | 仕事 | Comments(2)
ヤレヤレ(2重の意味で)
今日はも~ヤメ。
全身アルミ粉とかブラストメディアだらけだし、シャワー浴びて12時まで寝ましょう。

こ、今週は絶対徹夜なんかしないんだからね!(笑)

※先週は仕事だから当然

by godflooring | 2014-07-04 05:27 | 仕事 | Comments(0)
NOVAサス
ちょこちょこと用事を済ませつつ、96CR125Rの続き。

a0086680_00423218.jpg
アウターのアルマイトが腐食しているのは御愛嬌。
まぁ・・・古いサスですからねぇ・・・(KX/KDXシリーズの青アルマイトに比べたら可愛いもんですw)。

ステアリングの腐食が進んでいたので、軽くブラスト&ベアリングの錆除去→ベルトサンダーで鋳造時の段差除去(クランプ部を除去しないあたりに俺のハイセンスを感じる→自画自賛w)→全体を研磨→#240→#400→#600→工業用研磨パッド→メタコン→赤棒→灰棒→青棒ってトコです。

ま・・・ハンパな箇所は幾つか残っているんですけどね(要するに、疲れたとw)。
これと同程度なら3000円くらい。傷を完全に除去して完璧にするならパフ掛けの本業に依頼して下さい(その方が全然キレイですから)。
ウチでは正直やりたくないなぁ・・・。

a0086680_00423740.jpg
私なら「これくらい綺麗なら、まぁイイかな?」と言う程度でやめておきました。
それより塗装されているトップブリッジの方が大変だよなぁ・・・ブラストで一気に剥がすか?

a0086680_00424409.jpg
このCRは(フロントのみですが)NOVAサスが装着されています。
ベースはKYBなんですけどね。
今で言うENZOとかRG3みたいな感じですかね。

NOVA理論で一世を風靡した佐々木氏は、現在海を渡ってアメリカでご活躍とか。




by godflooring | 2014-07-04 01:39 | 仕事 | Comments(0)
ごぜん阪下
13時から仕事。
面倒臭かったから面倒なコメントは速攻で消した(笑)。

どうせbotだろう。


TT-R250がちゃんと走るのか確認しておきたかったので徹夜のち朝8時半には阪下。昨夜ターンエーは16話見た(聞いちゃいねぇw)。
トータル2時間くらい延々と走って、特にどこがどうって言う問題無し。フツー。

フサフサには凄い勢いでブチ抜かれましたがね・・・
くやしいのぅ、悔しいのぅ(笑)。

阪下走るならフロントスプロケ1T下げなきゃ駄目だろうけど、林道ツーリングとか(本当の意味での)オフビギナーさんには今のままで必要十分だよなぁ。乗り易さだけで言えばKDXやCRMよりもよっぽど乗りやすいや。


お隣の紳士が乗ってらした、2ストのtmが素晴らしくカッコ良かった。
あれイイなぁ!

by godflooring | 2014-07-02 14:00 | 雑記 | Comments(0)
難航中
預かり中スイングアーム対処。
ちなKawasaki製(笑)。あいかわらずどうしようも無ぇなぁ・・・(だがソレがイイw)。


いや・・・チェーンアジャストボルトが折れてるんですけど、残ったボルトにM8ナット溶接しても少ししか回らない、と・・・こりゃスイングアーム中で膨らんでいるんでしょうなぁ。

こうなってしまうと、仮に取り出せたとしてもスイングアーム側のネジ山が潰れてしまっているので自動的にヘリサート加工って事になるので、さっさと諦めて8.3mmロングドリルでゴリゴリ・・・スイングアーム中に入って5mmあたりで完全にストップ。
「頼むぜ三菱マテリアル・・・」とブツブツ文句言いつつドリル先端を研磨しつつ作業を進めるも、若干進んでストップ。タッピングオイルは当然併用するも、まさに焼石に水。この繰り返し。どうやら削りながら残ったボルトを更に膨らませてしまっている模様。

イライラしちゃうんだぜ。

となると、より径の細いドリルで圧を逃がしてやる(それだけで折れたボルトが回る様になる事も多い)のが最上かな、と思う訳ですが、200mm超のロングドリルなんて種類を揃えている訳も無く、今日の所は断念して6mmサイズのドリル注文。
明後日には届く事でしょう。

あたくしの03KXのスイングアームも修理しなきゃならんのじゃが・・・(同じ状態w)。


夕方からは、RMXのお客様に部品を確認して頂きつつ、あ-でもないこーでもないとお話(漫談?)してました。
クランクベアリングは63/28・・・? 規格品だけど余りオートバイでは使わないサイズの様な。
RMXのクランク以外で見た記憶無し。需要も少ないのかNSK製やNTN製でも在庫は品薄の様だ(P4ね)。とりあえず純正ベアリングの値段を調べるべく、明日見積もりを出しましょう。

※そしてRMXのクランクベアリングがKOYOどころかNACHI製と言う件


RMとCRの部品も手配しなきゃな~TT-Rも試乗しなきゃな~、とか言いつつ、先週よりは随分と平和でございます。
週末に修正したYAMAHA用Brakingディスクの梱包も完了。明日ゆうパックで北海道へ旅立つ予定。

96CRとかRM-Z作業は絶賛放置中(RM-Zはフレームを組み立てる場所が無いw)


別件の、ラジエターをパンクさせた挙句オーバーヒートしたRM-Zの対処が面倒臭い、と言えば面倒くさい。
ま、やりますけどね(笑)。

こりゃ土曜も仕事だな。

by godflooring | 2014-07-02 02:51 | 仕事 | Comments(0)
絶不調でしたが
軽く夏風邪だった模様。
今は牛丼屋入った刹那「ェラッシューィwww」って言って、店員さんにガン無視されちゃうくらい元気になりました。

良かったよかった(よくねぇw)。


洗濯して寝ましょう。

by godflooring | 2014-07-01 01:29 | 雑記 | Comments(0)