やっぱりビードストッパー先入れの方がラク。
まぁエアバブル引っ張り出す工具買えば良い話なんだけど(これまたDRCから発売してて、凄く便利だし買おう…と思って早数年)。

a0086680_23293769.jpg
ダンロップさんのビードストッパー。
これだとタイヤ片方を嵌めてからビードストッパー通す時、なんの問題も無い。

Motion Proのが大きすぎるのか?

a0086680_23312890.jpg
フロントホイール作業もリヤと大体おなじ(リム内側清掃して、チューブとリムバンド洗って乾かしてから点検)。

a0086680_23311414.jpg
リムお掃除解説。
ゴム溶けたのがココの角に残ってると、耳が完全に落ちにくくなります。

清掃で。

a0086680_23343444.jpg
カドの部分。
ここにタイヤの残りがたくさん着いてるとビードが均一に出にくくなる原因になります。

除去で。

a0086680_23351633.jpg
着いてないリムも有りますが、側面にあるギザギザはタイヤのスリップを防止する為に有るので傷ではありません。
磨いて消さないよーに。

※初めて買ったトレール車で「あれ?これなんだ~!?」って思いながら思いっきり削り落として磨いたバカな昔のわたくし。まぁバカなのは今もそんなに変わらない。

a0086680_23371561.jpg
別にマレーシア産だからどうこう言うつもり無いけど、溶接部の削りが荒過ぎじゃないかねぇ…。

a0086680_23381571.jpg
ビードストッパー金属部のギザギザもリム側面と同じ理由です。
汚れてたりタイヤのゴムで凹部が埋まっていると効果が落ちるので

a0086680_23393338.jpg
細目のマイナスドライバー等でゴムを除去します。
ワイヤーブラシでも良いんですけど、ゴム部分まで傷着けちゃうのがイヤなのでボクちんマイナスドライバー。
a0086680_23403476.jpg
MX52F装着。
やっぱりダンロップ製ビードストッパーなら最初にバルブコアをホイール通す方法で問題無いなぁ…。

うん、やっぱり今後はストッパーもダンロップ製にしよう。
ダンロップさいこぅ。
a0086680_23413955.jpg
と言う訳でYZ250作業おわり。


まーた雨降ってきたよ~

by godflooring | 2017-10-18 23:42 | 仕事 | Comments(0)
<< 多分オートチョーク不具合。 レンサルのチェーン、なかなか気... >>