じっくりリヤスプロケットとタイヤを交換してみる。
ホイール持ってきてもらって、単純タイヤ交換だけなら大概1000円とか1500円で作業しています(モトクロスタイヤの場合)。
で…今回みたいに細心の注意を払って作業する時も今まで同じ金額だったんですけど、ちょっと割に合わないんで(1時間以上掛かる)今度から「タイヤ交換するだけで良いのか、点検と追加整備も込みで作業するのか」と確認しようかなぁと。

まぁ500円~800円増えるだけなんですがね(内容と状況に依ります)。
a0086680_17122021.jpg
スプロケット座面修正、面取り。
これも毎回必ず作業する訳ではなく…

a0086680_17131116.jpg
取り外したリヤスプロケット側の座面を見て判断します。
今回はやっといた方が良いと判断。

YZとかは気にしなくても良いんですけどね(何も考えずスプロケ入れ換えで全然大丈夫です)。
キャブ時代のKXFがやばいです(座面ちゃんとしないと直ぐスプロケボルトが緩む、ハブ側が長穴になる、からのハブ破損までがコンボだった)。最近はハブ砕けたKXFを見なくなったから改善された…のかなぁ。
a0086680_17135641.jpg
今回使用するタロン製。
リング外周部はアルマイトが剥がれている訳ではなく、最初からこうなっています(銀色部分は研磨されていて割とキレイ)。

「マディ走ったらココ剥がれるから最初から剥がしておいたぞ」って言う意味なのか…?
それともこういうデザインなのか?
a0086680_17154222.jpg
清掃して点検したボルトとワッシャー、ロックナットを使って仮締め。座面には(めっちゃ微量ですけど)カジリ防止と密着の為シャーシグリスを薄く塗布しています(取付け後にはみ出した余分なグリスは丁寧に拭い取って、更にディスクへの付着防止の為に洗浄)。

対角線上に締めてくって言うのは大前提なんですが、テーパーボルトなのでそんなに気にしなくても良いです。


あ。

取付け作業に入る前にスプロケット側ザグリとボルトのテーパーが一致してるかは見ないとダメですよ。

a0086680_17155800.jpg
スプロケット取付け作業見たら大体どれくらいの整備スキルが有るか分かるって言う図。
俺より上のスキル持ってる人も大勢居るから自慢じゃないぞ。

a0086680_17185742.jpg

「ネジ切って新しい部品買えって事?」

まーた変なトルク値指定だよなぁ…(常識的な数値がフロントスプロケットとフォークボトムしか無いって言うね)。
迷った時はホンダの数値で大体、合ってます。時々注意が必要だけどカワサキとスズキも大体正しい(RM-Zに限って言うと、フロントアクスルナットの数字以外は正しい)。

(※昔聞いた話だと「機械に入力してる新品部品同士での話なんで…」とか言われたけど、やっぱり納得できねぇ)。

a0086680_17251540.jpg
5%減算で締めときました。ナット側を締めるのが基本です。
M8で42Nは有り得ん(※フランジ付ロックナット+ワッシャー付だから)。

あ、トルクレンチ入るからYZのハブデザインは好きです(RM-Zのはトルクレンチのリングナットがどうやっても入んない)。

a0086680_17263872.jpg
ダスドシールの凹に残ってるスラッジを除去。

a0086680_17280944.jpg
こうやってスラッジを除去しておくとホイールカラーを削っちゃうのを軽減出来ます。
何か作業する時のついでで良いので、やって下さい。

a0086680_17281540.jpg
リム内側を清掃。

布テープ巻こうかなぁ、と思ったけどデメリットも有るので今回は止めておきました。まぁ、ホイール組み立てる時にニップルにグリスなりスレコン塗ってある状態じゃないと余計に固着を起こす原因にもなるんでね。
a0086680_17305968.jpg
中性洗剤で洗って乾かしたリムバンド装着。

a0086680_17310667.jpg
チューブも洗って損傷度合とサイズをチェック。
110サイズのタイヤ作業してる時に多いんだけど、たまにインチとサイズは合ってるけど扁平率が合ってないチューブが入ってる事が有ります。今回はOK。

タイヤに合ったチューブを選んで下さいね~。

a0086680_17311248.jpg
チューブに保湿目的でクリーム塗って、タイヤにもビードクリーム塗って、少しエアを入れたチューブはめ込み。
タイヤとチューブのサイズが合っていれば綺麗に収まる筈です。

a0086680_17311817.jpg
ビードストッパーのメーカー次第ですけど、タイヤ片側を最初に嵌める時はビードストッパーを先に入れた方が良いです。バルブコアを先に通してしまった方が位置合わせは楽なんですが、ビードストッパーをタイヤの中に入れる時に苦労するんで。

タイヤレバーでビードストッパーを無理に押し込もうとすると

a0086680_17313196.jpg
こんな感じに、まだ使えるビードストッパーをダメにします(レバーでビードストッパーのゴムを引き剥がしちゃうから)。
因みにこのビードストッパーはYZのではなく、昨晩(今朝)作業したRM-Zで使っていた物(当然、レバーで過去1度もビードストッパーを押し込んだ事なんて無い)。

Motion Proのはダメなのか…?
次からは全部ダンロップさんのを仕入れる事にしよう。

※ビードストッパー自体の話は長くなるから割愛

a0086680_17312472.jpg
作業性を優先させるなら、ビードストッパーはこっちに着けた方が良いです。でもまぁバルブコアとビードストッパーで重量物を振り分けてるYZの位置でも正解っちゃー正解です。面倒だからイヤだけど(RM-Zに慣れているから)。

a0086680_17313719.jpg
ビードバディ(ビードキーパー)はMotion Proのが今の所、1番使いやすいです。
DRCのはなんか好かん…(2タイプ買ったが)。

a0086680_17314445.jpg
ビードストッパーの締め付けトルクもメーカーに依って指定値が有ったり無かったり、ですけど要するにタイヤ側面が変形しない範囲で、タイヤがずれなければOKです。コースやライダーによって多少はずれますが。
でもまぁタイヤずれを嫌って、タイヤが変形するくらい締めたりリム変形させちゃうくらいなら緩まない範囲で、少し強め。そしてマメにチェック&バルブコア位置調整し直しで。


個人的にはビードストッパーのトルク指定は「参考値」って程度でマニュアル記載が1番良い気がしますなぁ。
って言うのは、タイヤの硬さやビードストッパーのサイズやメーカーに依存しちゃうから。ざっと入手が容易なメーカーを列挙するとダンロップさん、Motin Pro(普及タイプと高級仕様が有る)、ミシュランあたりだけど同じ1.85リム用でも形状ぜんぜん違うんでね。

因みに過去「これは良いなぁ」と思ったのはKXF純正採用のやつ。
メーカーは何処だっけ? でも高いんだよなぁ…。


ご飯食べてからフロントスプロケットとチェーンを交換しやす。

by godflooring | 2017-10-18 17:44 | 仕事 | Comments(0)
<< 30年物のチェーンカッター。 ほぼ予定通り起床…からの作業段... >>