そして土日の事には一切触れないスタイル。
担当ライダーお休み中だし、そもそもメカ如きがレース云々をあんまり人目につく場所で言うたらアカンのやで(立ち位置で受け取り方が変わってきちゃうからw)。

そんな訳で相変わらず自分のお仕事に閉じて更新していく。

a0086680_20461419.jpg
土曜帰ってから夜中2時半まで頑張ったKX250Fヘッド。
○印着けてる箇所が凹んでた箇所で、バルブが当たる45°の凹みは何とか除去したんだが、当たり幅が不均一…よく見ると右側シート当たりも不均一。

あ。

2時半まで作業した…とは言っても19時に店まで戻ってからCRF250Rのタイヤ交換して、その後だらだら友人と喋りながらシェルパのワンウェイクラッチ交換したりセルモーター分解してたんでKXFヘッド作業は実質2時間くらい(ご飯食べたりしてたから)。やはり粒子の細かいダイヤモンドコートは作業が遅い…(一気に削れちゃう方が困るので、45°シートカッターだけ粒子が細かいのです)。

流石に徹夜で日曜乗り切るのはイヤだったんで途中で諦めました。
まぁ名阪でのお仕事関係は土曜に全部終わらせたんで日曜は本当に観てただけなんですがね。
a0086680_20534056.jpg
明けての本日、作業再開。
バルブ側のアタリを見た感じ…まぁまぁ仕上がってきたかなぁ。

さっきまで全くシートリングに接触していない箇所が有って不安だったんだけどこれなら何とかなりそう。

a0086680_20552132.jpg
不均一な当たり幅だった右側も、ほぼ修正完了。
作業用バルブを引っ張り出して摺合せ、からの極細コンパウンドで仕上げていきます。

もう1つ同じ作業のヘッドが有るんだが…うむ、明日の昼までに発送できる様がんばろう。

a0086680_20585702.jpg
夕方お出掛けしてた理由はコレ。
先週交換したスクーターのタイヤなんだけど「朝起きたらパンクしてたんですが…」と、ややご不満な様子。

あ、お客さんのじゃないです。

現場修理のつもりで出掛けたんだけど、凄く市街地で路駐切符貰うのもイヤだったんでホイールだけ外して速攻撤収。じっくり確認したら「これ何か刺さったのが原因やん」という結論。コの字で刺さってるとパンク修理キットで直らない場合が有るんだよなぁ…(と言うか、チューブレスは本来パンクしたらタイヤ新品交換が基本)。
a0086680_21023172.jpg
まぁそんな事も言ってられんし、ジャーキー2本刺して明日の朝まで様子を見ようか。
駄目ならタイヤ交換で。


俺の作業ミスじゃないから費用は発生するよ~

by godflooring | 2017-09-11 20:57 | 仕事 | Comments(0)
<< シートリング再作成すると(再作... 今後の課題は「如何に出掛けずに... >>