RM-Z450のリヤ足回りの整備と、軽くエンジン始動確認。
うーむ…ロードレースの話は長話し過ぎたなぁ。
もう俺には無縁の世界なんだが。

前々から世間話はMAX1時間でリミットを切るべきとか考えてたり。
ヒマなら良いけど忙しいからね…(でも時々、人恋しくて世間話に飢えたりしちゃうめんどくさいワタクシw)。

a0086680_04525389.jpg
そんな訳で…って事もないけど今日の業務はほぼ、RM-Z450のリヤ足回り分解整備のみ。
キャリパーを車体からぶら下げる奴は極刑に処す。
a0086680_04541403.jpg
リンクユニットのベアリング。
特に問題ないですー

a0086680_04545927.jpg
リンクロッド側面がガリガリに削れ始めていたので軽く研磨しときました。
こっちもベアリング問題無しです。

a0086680_04554054.jpg
でもカラーが全部焼けていたので(グリスが減ってたのが原因)、メンテサイクルはもう少しだけ早めて下さった方が良いかと。

a0086680_04570072.jpg
スイングアームピボット部も問題無く、シール類の破損(変形やリップ切れ)も有りませんでした。
大変に優秀な整備状態。

a0086680_04575231.jpg
てな感じでリヤ廻り完成。

a0086680_04575804.jpg
エアボックス内が結構スラッジが堆積してたので、そこそこのレベルで清掃して(ムキになったらエアボックス洗浄だけで2、3時間掛けちゃうから)マフラーやらエアクリやら着けて軽くエンジン始動。


特に問題無さそうですが、軽く始動しただけなので明日フロント周りとブレーキ整備をしてからエンジンはじっくり確認します。

とりあえずアッサリ始動してくれて良かったヨカッタ。

by godflooring | 2017-08-30 05:00 | 仕事 | Comments(0)
<< 次の仕事の段取りを… KX250Fのシリンダーヘッド >>