TMAX対処中(その3):作業再開(YOUごはん、まだ)
誰もイチゴが分からない(そんな関西ローカル番組だれも分からない)。
うむ・・・我ながらきもいな。

わかりっこないわ。

a0086680_21564412.jpg
お客さんから「作業しても良いよ」連絡もらったのでTMAX作業再開。

あ、ラジエターのリザーバタンクは外さないとプーリーカバー外す時に壊れます注意。まぁこのTMAXのは既に壊れてるが・・・(アンダーカバーに載ってるだけ状態なので、あとで対処しときます)。
a0086680_21581046.jpg
ロックナット外しました。
外すだけで苦労するって話が理解できん。
a0086680_21592386.jpg
グリスやスラッジでドロドロなので細心の注意を払いつつ外したのに(部品ひとつ取り外す都度、手洗い)ドライブフェイスに指紋1か所着けちゃった無能。

まぁVベルトにさえ油分着けなきゃセーフ。

a0086680_22005442.jpg
内側のオイルシール、あうとー

(センターボスが錆びまくって仕事してない原因はこのシール破損だ。んで、結果としてスライダー破損に繋がる・・・と言う流れ)。

a0086680_22021978.jpg
クランク軸にも多少の油分が残ってるので、Vベルトを油で汚さない様に速攻で養生。

a0086680_22023080.jpg
案の定プーリーカバーのヘキサゴンボルトが何ひとつ緩まないのでボルト交換前提での取り外し作業を。

a0086680_22032298.jpg
リューターでマイナス形状に削って、マイナスビットとインパクトドライバーでコツコツ叩いて緩めます。

ガツっと叩くの禁止(プーリー自体が鋳物なので、割れます)。
あとはプーリー自体を真っすぐにするのではなく、緩めたい箇所を作業台にしっかり押し付けて作業するのがコツ(プーリー自体を固定せず作業した理由はコレだ)。

a0086680_22033160.jpg
無事、分解完了。
我ながらイイ腕前だなぁ・・・とは思うけど、多分ふつうのバイク屋さんじゃ俺はもう仕事できない気がする。

性格は良いんだけど口が悪い(笑)。


a0086680_22035838.jpg
センターボスは磨いて再利用で。
これ5000円もするんで・・・

a0086680_22034960.jpg
よく見たらプーリー内側のシールもアウト。
てな訳で、スライダー、カバー固定ボルト、シールの3種類交換になります。


さて、問題は取付け作業に使うプーリーホルダーなんだが・・・

a0086680_22040851.jpg
何故か持ってる4輪のクランクプーリーホルダー。
中心に写ってる部品にM10から12あたりのステンレスボルトを同じくステンのナットで固定して、先端を8mmくらいのピン形状に削ってホルダーとして使うとするか。

普通のボルトじゃ無理だけど、SUSなら160N程度なら耐えられるだろう・・・(多分w)。


a0086680_22041640.jpg
ホルダーのハンドルはコレを使えば良いかも(MOTO SPORTS製タイヤ交換スタンドのビードブレーカー部。邪魔なので外してた)。

あとは5mm以上の鋼材とか有れば何とかなるか・・・?
明日ステンレスボルトとかいろいろ買ってこよう。



他にもっと良いの無いかなぁ・・・と思いつつ工具箱をごそごそ。

a0086680_22042511.jpg
ん、なんだこれ。

a0086680_22043189.jpg
ワイヤレスのリューターか。
埼玉だか神奈川のハードオフで見つけて買ったのは良いけど(長距離移動時に見掛けたリサイクルショップの工具コーナーは割とチェックする人)、すっかり存在を忘れてた。

エアリューターも電動リューターも遅かれ早かれ壊れるんで、長持ちさせたいなら素直にドレメル買うべきなんだけどなぁ・・・(因みにここ5年でエアリューターを2個、電動リューターも3個壊してる)。安物買いの何とやら。歯医者さんが使うL型リューターほしい・・・(数十万するんだよなぁ)。


この後はTMAXを一旦片付けて、発注書作成して、明日部品手配の明後日受け取り、修理の予定。


なんか食べよっと。

by godflooring | 2017-07-01 22:18 | 仕事 | Comments(0)
<< TMAX対処中(その4):し... 久々の台所就寝。 >>