問題対処のコツは「対策がうまくいかなくても悪化させない事」と思う。
無性にコーラ飲みてぇ…と思って近所の自販機にてくてく歩いて行ったら(ウチの自販機にはコーラが無い)ペプシしかない。
因みにアタクシはペプシ派。まぁオッサンになったんで数年に1度飲むかどうか…って感じではあるのだが。
a0086680_05292732.jpg
ちょっとパニック気味な自覚が出てきたので小休止中。
キャブレターのエアベントホース左右はエアボックス側へ逃がしときました(激マディ対策)。オーバーフローとエアベント全部下に落とすのは良くないんですよ(泥詰まったらキャブ動かなくなるから)。

a0086680_05314774.jpg
V-Force対処。
現行のVF3でもなくVF2でもなく、初代V-Forceなんだね。


a0086680_05325688.jpg
ちゃっちゃと再分解。

a0086680_05331184.jpg
そりゃこんな構造だと振動でバラバラになりますわって感じですなぁ。
タッピングスクリュー4本が全部緩んで、左手に持ってるリーフベースがカタカタ動いてました。
a0086680_05351154.jpg
対処終わり。

最初リーフベースとリードベースを接着剤で固定しようかと思ったですけど、接着剤が剥がれて万一エンジンに入ってトラブルになったらヤだなぁ…と思い直し、合わせ面にめちゃくちゃ薄く液体ガスケットを塗って、タッピングスクリューのネジ山にロックタイトを塗布して取り付け。「完全に緩みを防止するにはタッピングの穴にジャストサイズの樹脂を削って栓をして抑えるのが1番かな…?」と思ったんですけど「いやぁ…そりゃ面倒だ」と思い直し、スクリュー取付け後ネジ頭から瞬間接着剤を流し込みんで余分を拭っておきました。

因みにネジ穴の位置はキャブホルダーで塞がれるので再度スクリューが緩んでも瞬間接着剤のカスやスクリューが完全に脱落してエンジン内に吸い込まれる不安は有りません。


こういう対処は車種次第…と言うより構造次第ですかね。
あんまり頭良くないんで(真顔)、毎回知恵熱に悩まされます(笑)。



さてと…チャンバーつける前にミッションオイル入れようかな~。

by godflooring | 2017-06-03 05:42 | 仕事 | Comments(0)
<< 多分、問題無い。 久々に明日の夜まで突っ走ってみ... >>