ヘッド作業中…
今日はヘッド完成までで終わります(集中力がヘッド作業で限界に達するから)。

(間に合うの…?)

ヘッド作業はシートカット作業の有無で多少変わってくるけど大体3~6時間掛かるんですよ。作業時間に随分と幅が有りますが、微妙なヘッドほど時間が掛かります(問題がはっきりしてるヘッドは逆に時間は掛からない)。

まぁイッケダクンのヘッドは毎回2時間で終わらせますがね…(俺が1番丁寧じゃない車両が全日本車両と言う…)。

a0086680_04141620.jpg
シート当たり面作業前に現状把握。
インテーク当たり幅おっけ。CRF450Rはちょっと当たり幅広めです。

a0086680_04144694.jpg
エキゾースト側もOK。

まぁ・・・現状、ちょっとインテーク漏れてんすけど。
俺が止める。
a0086680_04152050.jpg
中目。
a0086680_04154415.jpg
洗浄。
a0086680_04160039.jpg
極細。
a0086680_04161672.jpg
洗浄。

a0086680_04163254.jpg
チタンコート用仕上げ。

a0086680_04170648.jpg
洗浄。

シートリング作業と並行してヘッド合わせ面の作業もしているのがお分かり頂ける…だろうか?

a0086680_04172383.jpg
当たり幅を確認。
ちょっと光明丹が薄過ぎたか…?(当たり幅は変化しない様に注意して作業しました)

a0086680_04173084.jpg
そして洗浄。
今からスプリングシートとステムシール、バルブを組んで漏れチェック。チェックなのでコッターはまだ新品じゃないです(新品コッターは仕上げに使いたい人)。


ちょい休憩。
450のヘッドは重たいから腕が疲れる(笑)→非力過ぎやせんか










# by godflooring | 2018-06-24 04:20 | 仕事 | Comments(0)
優先順位。
今回のCRF450R依頼内容でぶっちぎりにイヤなのはサイレンサーO/Hなんだけど、それはまぁ後回しでも良いって言ってもらってひと安心。となると・・・・

ヘッドO/H(シートリング修正、ステムシール&バルブ交換)
エンジン左右組み付け
シリンダー、ピストン組み付け(ピストン交換)
始動整備
前後ホイールベアリング交換
右ラジエター歪み戻し(修正ってレベルまで作業する気が自分には無かったり)

が面倒かつ重要な順番。そして今日は頭冴えてて体調も良い。
a0086680_01594594.jpg
そんな訳でヘッドから作業開始。
まずはカーボンを溶かしてキレイにします(ウォータージャケット開口部の鋳造荒れは分解時に対処しておきました)。
最近やたら急ぎのヘッド作業が多いので、いつもの「ペーパータオルに溶剤着けて、ポートにぎゅうぎゅう詰めて放置」では有りません。


カーボン除去は皆困ってるだろーからコツを書いておこう。
今回は急いで除去する方法(※イレギュラーなので普段は上記の放置でカーボン溶かす方法)。

剥離剤を塗布して80℃くらいに加熱、その後洗浄ってのを2、3回繰り返せば大体この程度には綺麗に落ちます。加熱するのはヒートガンでも良いけど、剥離剤を使うのでバーナーで燃やしてしまっても良い。煙が凄いから吸い込まない様に注意ね。剥離剤がバルブガイドを通じてステムシールを駄目にするからシールは当然すべて交換だ。あと、加熱し過ぎは厳禁なので非接触式の温度計は必須だ。おっさんとの約束だ。ちゃんと守ってくれよな!

なんだこの真夜中テンション。

a0086680_02061560.jpg
なんか
a0086680_02063074.jpg
ポツポツ刺さった跡が有るんだけど、これ何だろ?(※デトネではない)

シート当たり面にひとつも無いのは不幸中の幸いだ。

a0086680_02070518.jpg
ヘッド合わせ面のウォータージャケット鋳造が太刀魚の骨みたいに細くて尖ってたので全部除去しました。

a0086680_02082500.jpg
こーいう傷が出来る原因になるんでね(※なんか噛み込んだままヘッドを組むと、こーなる)。

a0086680_02083697.jpg
て言うかフライス仕上げ自体あんまり丁寧じゃないなぁ…


ヘッド合わせ面はカワサキさんが一番キレイだね!

# by godflooring | 2018-06-24 02:10 | 仕事 | Comments(0)
ごはんごはん~
まだ今日は終わらん…(と言うか全然仕事が進んで無いw)。
ホイールベアリングとかヘッド作業-エンジン始動作業とかラジエター修理は別に明日起きてからでも大丈夫だけど、そこまでは今日中にやっとかないと詰むなぁ…と。


あ、18CRF450Rの話ね。

部品届いたのが昨日だからなぁ。

# by godflooring | 2018-06-23 23:24 | 仕事 | Comments(0)
クラッチじゃなくレバー側の問題。
YZ125Aではなく96RM125のお話。
なんかクラッチのお悩み事が続くなぁ…。
a0086680_21560905.jpg
サブフレームはやっと(俺が)恥ずかしく無い状態まで戻りました。
まぁこのBlogに書いてる時点で、何処の誰が修理した車両かバレバレだからね…あんまりみっともない仕事は出来ないんですよ。

これで安心してお客さんに返却出来る…と思いきや。
そうは問屋が卸さない…。

a0086680_21575444.jpg
クラッチ再度分解、手持ち新品フリクションディスクが無かったので自分のRM用ディスク(30分使っただけ)に入れ換えてみたり。
うーん…クラッチレバー握って1速に入れるとエンストする…

「クラッチ直ってねぇ!!!」

プッシュロッドやクラッチバスケット側のガタとかは無いんですよ。
エンジン側のリレーズレバーはまだ見てないけれど(※先ずソコを確認しろよ!)

ははぁ…これはアレかなぁ。


a0086680_22005614.jpg
レバー位置が近過ぎるのがクラッチ切れない原因じゃないの?



a0086680_22010902.jpg
試しに自分が使う場合の位置にレバー位置を変更すると問題無く使える…と。
でも、女性オーナー様なのでレバーが遠いのは困るんだよなぁ(つまりクラッチレバー位置が近い状態で、かつクラッチ全切り出来ないとダメってお話)。

a0086680_22012185.jpg
ピボットとワイヤーのタイコ間の長さを確認してみる。
RM-Z250用レバーホルダーとZeta FPの組み合わせで26mmと言ったトコ。


以下、わたくしのクラッチレバーマニアックを如何なく発揮(ASVとかPro Taper製も何処かに保管してた気がする。出番無いけど)。

a0086680_22044167.jpg
画像だとズレてるけど、CRF250R用レバーホルダー+ZAPクラッチレバーは22mmってトコですな。
そう・・・ZAPのレバーは動作は非常に軽いんだけどクラッチが切れないのが問題なんです。ブレーキレバーの出来は秀逸なんだけどね。

※レバー位置が遠くても構わない人にはZAPレバーでも問題有りません。俺は手がかなり大きいのでZAPで問題無し

a0086680_22045113.jpg
CRF250R標準構成は26mmで、RM-Z用レバーホルダー+ZETA FPと同じ。

a0086680_22050207.jpg
レバー位置調整機能の有無は手の大きさがネックになる場合とても重要。

a0086680_22051199.jpg
因みにクラッチレバーはCRF用+ARCじゃなきゃバイク乗りたくないってくらい俺は気に入ってます(どんなバイクにもこの組み合わせで乗る)。上からARC製コンポジット、同じくARC製アルミ、CRF純正レバーの組み合わせ。

人の手が触れる部分はホンダさんが1番違和感が無いと思うんだよなぁ。

因みに何故CRF用レバーホルダーかって言うと、これ以外は純正/社外品問わず耐久性が無さ過ぎるから(すぐヘタるレバーホルダーなんざ要らん)。あと、破損した時の補修部品が問題になるのでホンダ純正部品で構成しています。まぁ、レバーホルダー一式揃えると結構値段が張るんですがね…(余裕で社外レバー一式が買える)。

因みに、あくまで「CRFホルダー+ARCレバー」が好きな訳であって、他のホルダー+ARCレバーの組み合わせは嫌い。中でもYZ系とKX系のレバーはホント駄目です。なんで85と同程度の強度しか無いんだ・・・?(RM-ZはYZ系やKX系よりは強度が有るから、まだマシです)。

ま・・・CR系も昔はボキボキ折れてたけどね~

a0086680_22051966.jpg
ARCレバーもCRF250R純正構成とほぼ同じく26mm。
a0086680_22140884.jpg
RM-Zレバーホルダーと…これは2ストRM125/250用レバーかな?
28mm。これくらいピボットとタイコ間の距離が有れば確実にクラッチ全切り出来る筈。

まぁレバー位置調整機能無いから今回コレは使わないんだけど(※レバー曲げて形状を変える案は有る)。

a0086680_22141835.jpg
現在は廃盤かな?
いにしえのDRCブランドなレバーホルダー+CRFレバー組み合わせだと29mm。

確か、あの頃のDRC製クラッチレバーはCR準拠だった気がするんだが。

a0086680_22142746.jpg
因みにDRC製レバーホルダーとおぼしきホルダーはもう1個あって、ピボットからタイコまでの距離が違います。当然、距離が長い方がクラッチ全切りが出来る。

a0086680_22143435.jpg
とりあえずコレ着けたりRM-ZホルダーにRM125/250レバー着けたりしてクラッチ全切り出来るかどうか確認してみます。
まぁCR用じゃなくKX用レバーを使える様に削っちゃってるんですけどね。

上手くいくと良いなぁ…。


これで問題無く使える様なら、改めてダートフリークさん製ウルトラライトクラッチレバー(今も販売されてる)を買って頂く方向で。税抜5200円なのでそんなに高く無い(補修レバーも売ってる)。
a0086680_22224211.jpg

コレ自分もCRM250とかで使ってたけど、全然不満無かったです。むしろFPとかCPよりコッチ(DRCブランド)のレバーが良いよ!
ハンドガード着いてるのでレバーは可倒式である必要無いし。

# by godflooring | 2018-06-23 22:25 | 仕事 | Comments(0)
気に入らなかったんだ。
幾ら何でもハンパ過ぎる気がしたんだ…。

a0086680_19081365.jpg
洗車しつつ各部チェック。
a0086680_19083627.jpg
うーむ…リヤフェンダーも曲がってるんだけどね。

a0086680_19090169.jpg
そんな訳でサブフレームやり直し。結局力技。

リヤサスの延長線に対して直角じゃないけど、これリヤサスが傾いてるんですよ…(つまり上下いずれかのベアリングなりカラーが減ってる。あるいはマウント部が拡がっている)。



コーヒー飲も。

# by godflooring | 2018-06-23 19:10 | 仕事 | Comments(0)