料理の仕込みと同じよーなもん。
ちゃんと材料(部品)さえ揃っていれば、味(仕上がり)はともかく食える(使える)。
でもまぁ、どうせ食べるなら美味しく頂きたいよね・・・?

15RM-Z250作業は現在、そんな感じの段階。

a0086680_01065969.jpg
内燃機屋さんで大端部の交換をお願いしていたクランクシャフト。
今回、コンロッド交換は無しです(検品と小端部摩耗で凡その予測は出来るんですが「クランクを分解した結果、コンロッド大端部に異常があれば連絡下さい」と念押し)。

a0086680_01070033.jpg
んで、いつも通りクランク軸左右を修正して、測定してから小修正。
クランク測定に不慣れだった頃は「軸の外側で測った方がエエやろ」とか思っていた時期がわたくしにも有りました。

クランクベアリング回転の中心で測定しろってマニュアルにも(そういう文言が有る訳では無いが)書いてるんだよなぁ。

a0086680_01070029.jpg
交換した部品の確認。

a0086680_01065906.jpg
ローラー摩耗よりケージ破損が大端焼き付きの原因になる事の方が多いんでね。

a0086680_01112650.jpg
続いて、懸念だったメインシャフト側ギヤ対処。
正常回転方向はそんなに問題無かったんだけど、逆回転時のドッグがちゃんと噛み合ってくれてなくてね・・・

まともな状態の3速ギヤを引っ張り出して来て、ドッグ当たり面に光明丹を4か所同じよーに塗って

a0086680_01112610.jpg
a0086680_01112536.jpg
4か所とも同じ様に、かつ噛み合う大きさを揃えていきます。テキトーに削るの禁止。

ホントはこの後でメッキなりWPC処理に出すのが理想なんだけど、過去なんどか似たよーな作業をして「大して変わんないぞ」と言う感じなので今回は表面処理も無し。

因みに摩耗が進んでしまってるギヤは破断の危険が高いので無条件で交換で。
今回は5速側のドッグ噛み合いが不均一だったのが最大の悩み所でした(4点の内3点が強く当たって、残1か所が殆ど接触してない状態だった)。

a0086680_01112559.jpg
他は全く問題無かったのでサークリップ新品用意してからの洗浄

a0086680_01112685.jpg
組み立てて養生。
クランクケースの準備が終わるまで保管。

a0086680_01260603.jpg
明日はクランクケース単体の作業と、出来ればケース組み立てまで行きたいので先に左側のケースを準備しました。洗浄、ベアリング抑えプレートの取外し、固着したノックピンの除去です。カウンターシールも交換するので先に外しておきました。ノックピン取付け部のカジリとか錆除去は明日やります。

今回のRM-Zはミッション側は何の問題も無いのでクランクのサイドベアリングとクランクシール、カウンターシャフトとシフトフォークのオイルシール交換のみです(※スプロケットスペーサー内のDリングも交換します)。


シール類はなるべく交換します(以前はクランクシールしか交換しない事も有った)。
自分のエンジンだと「あぁ・・・スプロケんとこからオイル滲んでるなぁ・・・まぁいいや。帰ってから交換しよ」で済むんですけど、エンジンカバーのガスケット程度ならともかく、人様のエンジンでシール不良ってのは、ちょっと恥ずかしいんでね。直ぐ対応できる訳じゃないし。

a0086680_01260675.jpg
ヘッドも作業可能な状態までカーボン除去、洗浄。
この後こまかくチェックして必要ならシートカットかな(必要ない場合はシートカットしません)。シートカットとかシートリング仕上げ作業が必要な場合ってのは、正常バルブとの組み合わせ前提で言うと

・圧縮に影響する程の虫食い、傷
・シート当たり幅不良
・シート当たりがナナメになっている(バルブ倒れが起きてないの前提で)
・バルブ側チタンコートに対し、仕上げ粒子が粗すぎる、または細か過ぎる

あたり。やや暴論だけど大体こんな観点で。

逆に言えば。

ちゃんとバルブが閉じて、当たり幅もイイ感じで、当たり面がナナメになってないならカットなんかしなくてもエエです。強いて言えば新品バルブへ交換するなら、そこだけは(新品バルブが長持ちする様に)シートカットした方が良いかな?って程度。そのまま新品バルブ組んじゃうと、減ったバルブと同じ状態まで一気に減っちゃう事が有るんで。


今日は1日ずっと洗いものばかりだったから能書きが多い(自嘲気味)。



あ。

a0086680_01385234.jpg
エアボックスも、まーまー汚れてるんで洗っています。
2、3回洗わないとダメかな・・・。

a0086680_01385196.jpg
エアクリオイルに泥が混ざると取れないんだよなぁ。

でもまぁ、エアボックス外側の汚れとかね? 気にしなくても良いですよ。そんなの気にしてたら時間なんて直ぐ無くなっちゃうし。
大事なのはエアクリーナーエレメントから内側にゴミを入れない事だけなんで。

1つ書いておくと「エアクリ交換時にサブフレームに付着したエレメントオイルは出来るだけ拭っておいて下さい」と言う事くらいでしょーね~(エアクリ交換時にゴミが混入するリスクが大幅に減らせるので)。
ウチで預かった時にゴミ落としておけば、当分は大丈夫でしょう・・・多分。


最近ユーザー視点でのメンテナンスに寛容になって来た心やさしいワタクシ。そう、俺は優しいの。でもまぁ第一印象は「なんだこいつ」って思う人が多いみたい(そしてそれは恐らく、正しい観察眼w)。この前も某氏に「最初、なにこの人?って思ったw」って言われたし。





歯を磨いて洗濯したら寝よう。
ぼちぼち冬物の布団にかえないと凍えちゃうなぁ・・・(が、面倒なので今日は寝袋を追加だ)。

by godflooring | 2017-12-08 02:25 | 仕事 | Comments(0)
<< 今日はなかなか作業ペースが良い... RMX250Sの対処開始(既に... >>