電話掛かってくるまで寝るよ-
4,5時間ってトコですかね…。
a0086680_08264352.jpg
最終型RM125破損個所、ご開帳。
a0086680_08274911.jpg
ガッチリと大端部焼き付き。

シリンダーは無事でした(慰めにもなりゃしない話ではあるが…)。

a0086680_08283557.jpg
新品クランクシャフトっぽぃんだがなぁ。


起きたらこのエンジン分解…、の前にKX85スモールのミッション組んでいきます(RMの部品を保管するコンテナが足りないから)。



# by godflooring | 2017-04-26 08:29 | 仕事 | Comments(0)
K7?K8?のRM125エンジン作業開始。
ぼちぼち寝たほーが良い気がするんだ。

a0086680_05305826.jpg
多分07だと思うんだけど、エンジン単体で送って頂いたエンジンの作業を開始。
まぁ07でも08でも関係無いんで…(08は07継続販売だから)。

とりあえず狭いので01RM125を移動させて

a0086680_05321756.jpg
これくらい作業スペースが有ればプライマリーギヤだろうがクラッチセンターだろうが楽勝よ!(※RMのプライマリーはそんなに高トルクで締まってないんだけどね)

せっせと洗浄して…

a0086680_05332914.jpg
キレイになったら分解開始。
ま…この時点でケースまで徹底的に清掃してるあたりに(眠いんだけど)俺の野生の勘が冴え渡ってる。

因みにこのエンジン、フルO/Hしてそんなに使ってないんだよなぁ(※俺がO/Hしたエンジンじゃないけど)

a0086680_05351863.jpg
ミッションオイルを抜いて送ってもらったんですが、残留オイルやドレンボルトのマグネットを確認したいので抜いてみる。

うーん…

a0086680_05360723.jpg
なんか砕けた破片が有ったけど、ミッション破損または摩耗は軽微かな…?(多分、新品へ交換したギヤの角が若干欠けてるっぽぃ)

a0086680_05372150.jpg
リードバルブを外してみる。

あぁ…これはシリンダーか大端がイッてますね……

a0086680_05380529.jpg
コンロッドが虹色。
破損はクランクシャフトだろうなぁ。


賞味期限が昨日で切れた豆腐を消費したいので麻婆丼作ってからシリンダー抜いて確認しやす。
クランクは仕方ないけど、シリンダーとピストンが無事である事を願う…

# by godflooring | 2017-04-26 05:39 | 仕事 | Comments(0)
K1とK8の部品探索。
あ、先述の01RM125とは別にもう1基RM125エンジン修理が入ってきているのですよ。
a0086680_03235934.jpg
シリンダーガスケット以外のここらへんは01から08まで共通です。最終RM125はK1とK2が同じで、K3からK4あたりでエンジンマウントボルトとかケース、ピストンとシリンダー、コンロッド大端のサイドワッシャーが変更されて、K5でキャブとかエアボックスが変わって大端のサイドワッシャーが再びK1/K2に戻ったって感じかな。CDIもK5だかK6で違う筈。

ま…乗っても殆ど違い分かんないですけどね。

a0086680_03295512.jpg
1階のストック部品の箱を探してもK1/K2のシリンダーガスケットは見当たらないので2階の物置をごそごそ…

a0086680_03311833.jpg
あった有った。
ついでに新品クラッチバスケットとかクラッチのロックワッシャーも発掘。ついでにRM250用のHINSON製プレッシャープレートも見つけました(N村さん如何ですか?w)

結論(不足部品):

クランクケースセンターガスケットは3枚出てきたけどクラッチカバーガスケットが1枚しか無いので、これも明日CRFの部品と一緒に発注しておきます。

a0086680_03324049.jpg
明日以降、更に2台整備車両が入庫するので部品を整理しつつ台所の床に掃除機掛けました(タオル換えろよ)。
台所って言うか年の1/20はココで寝るんでね…(以前は椅子を並べて寝てたんですが、寝心地が滅茶苦茶悪いので最近は床にごろ寝してます)。

まぁ寝床って言っても

a0086680_03360168.jpg
こんな感じにメカニックマット適当に敷いてグッタリしてるだけなんですが(寒い季節はこれに寝袋を追加)。
今朝もここで寝てたんですけど、なんかウチの前で事故があったみたいで訪ねてきたお巡りさんに起こしてもらいました(笑)。


今日は布団で眠りたい。

# by godflooring | 2017-04-26 03:38 | 仕事 | Comments(0)
01RM125のフォークシャフト/リターンスプリングストッパー破損
「先日の生駒でチェンジペダルを強打してからミッションがおかしくなった!」って事でお預かり。
そう言えばこのRM自体を預かるのは今回が初めて…?な気がする(以前整備したのはフォーク単体、とかだった記憶)。

某センパイは「リターンスプリング折れてるだけやろ?」とか予想してましたが、RMのリターンスプリングが折れるなんてのは、まず無いんだよなぁ…、とか思いつつ分解開始。

a0086680_23050116.jpg
御開帳。

あぁ…予想していた内で1番面倒な(考えたくない)事になってるじゃないか……

a0086680_23060321.jpg
ストッパーボルトがクランクケース根本からボッキリ折れてます。

a0086680_23084085.jpg
正しくはこんな感じで固定されてる状態。

精度が要求される箇所じゃないんでTIG溶接で破損個所を溶接すれば直るんだけど、外側からだと溶け込みが不十分で強度面の保証が出来ないんだよなぁ…(悩)。ケースを分割して内側からも溶接したら大丈夫なんだけど、時間と費用面を考えるとコスパが悪過ぎる(なお、このRM作業のメインはホイールのリム交換作業だったりするのでエンジンには余り予算を回したくないんです)。

んで、使う予定も無い01中古エンジンを持ってるので(ヤフオクで購入した私物)、そっちを再利用してエンジンを載せ換える方向で。購入した金額は確か4万前後だったけど、某てぐちゃんに貸してた04RMのクラッチバスケットとクラッチカバーが砕け散って部品強奪したから載せ替え費用込みで2万4000円でイイかな、と言う商談。

あ、こういう損しかしない仕事は去年でやめました。
冗談抜きでそんなのずっと続けてたら破産しちゃうからね。
a0086680_23091917.jpg
確かこの奥にエンジン置いていた…筈。

a0086680_23134602.jpg
という訳で、載せ換え用エンジンを無事救出。
クラッチ側の部品は元のエンジンから全部移植します。新品部品はカバーガスケットくらいかな?

と、思っていたんだけどシリンダ-横になんか書いてる…(俺が書いたメモ)

a0086680_23151591.jpg
どうやらシリンダーを組み直す必要がある模様。
何故シリンダーを抜いたのか、理由が全く思い出せない…

ただ、「この01エンジンは何の問題もなく使える」というのだけは覚えているので、多分このエンジンを入手した時にシリンダー内壁や排気デバイス、ピストンの状態を確認したんだと思う。そう言えば新品っぽいピストンが入ってるのも思い出してきた…。

って事で、新品交換部品はクラッチカバーガスケット、シリンダーガスケット、ヘッドのoリングになります。


今日は日中17RM-Zや全日本用機材の洗浄/清掃と歩道を掃除してて疲れたしエンジン載せ換え作業は明日かな~


めも。

・ミッション動作不具合対処→ケース破損につきエンジン積み換え対処。それに伴いクラッチ側補機類&エンジンカバー移植、腰上組み直し。リードバルブ移植&確認(※社外リードバルブ組み込みなので、要注意なんですよ…)
・フォークガード左をRM-Z用(黒)へ交換
・フォークオイル&シール交換
・前後リム、ニップル、スポーク交換(リムとニップルは現在、見積もり中)

# by godflooring | 2017-04-25 23:19 | 仕事 | Comments(0)
10CRF250Rのコンプレッションダンパー破損+ステムベアリング
日曜深夜というか月曜早朝に帰宅、午後からフツーに仕事してました。
と言うか月曜は(またも)力尽きて台所の床でレンチ握りしめたままゴロ寝。

今日はお風呂に入って布団で眠りたい・・・。


a0086680_22412487.jpg
フロントブレーキパッド&ディスク交換、フォークオイル交換(シール交換は無し)でお預かりな10CRF250R。
えぇ、元ボクのCRFです。

a0086680_22425414.jpg
取りあえず洗って左フォークから分解開始。
右側がアウター、左がダンパーユニット内から抜き取ったフォークオイルです。

大して汚れてはいないんですが、オイルが固くなって来たのでボチボチ交換時期って感じですかね。「ダスドシールはともかく、フォークシールは交換しなくても良いんですか?」と確認した所「漏れたら持ってきますw」って事で今回は単純に各部分解して(ダンパーユニットのロッドも抜いて)、各部チェックして、問題が無ければオイルだけ入れ換えてエア抜きして返却…の予定でした。「シールやロッド等に異常があれば速攻で埼玉県送り」なのはいつも通り。

で…。
a0086680_22464756.jpg
コンプレッションダンパーのパイプ破損を発見…10CRF250Rって両側スプリング採用のCRFでもかなり特殊で、SHOWAさんの製品なのにKYBさん的なんだよなぁ…この部品は一般には単品では出ないので(サスペンションのスペシャルショップ以外では入手できない)今回はブリッツシュネルさんに送って修理とO/Hをお願いする事にします。

んで。

最近のSFFフォークも、この部分を樹脂で作ってる車種が増えて来て個人的には「イヤだなぁ…」と思っています。金属製は重量面で不利って話なんですけどYZシリーズでさんざん割れているのを見てきてますしねぇ…TGRとかで金属製のが発売されているので(コンプレッションASSYを分解できる技術が有る人は)交換するのが良ろしいかと。まぁKYBはコンプレッションASSYに限って言えば簡単なんだけど(ダンパー側はカシメ多過ぎて大変です)、SHOWAは専用の治具を作らないと分解しにくいし、交換作業は素直にサスショップに任せる事をお勧めしたい。

因みに社外製のパイプへ交換しなくても割れにくくする方法が有るらしいので、その対処も一緒にお願いしようと思います。今日はブリッツシュネルさん定休日なので、明日連絡/確認の上発送で。

a0086680_22550314.jpg
んで、ステム単体にしたら「ん~なんだか妙だな~」って動きなんで純正ステアリングダンパーを外して点検します。
こんなの着いてたらステムの動作確認の邪魔なんだよなぁ。

因みにアタクシが乗っていた時はこのしょーもないステアリングダンパーは外してました。変な動きしかしないし、嫌いなのコレ。
a0086680_22564771.jpg
こりゃアカン。

自分のだし勿体ないからウレアグリスで組んだんだけど全然あかんやん(※普段は車種によってシルコリンまたはベルレイで組みます)。
a0086680_22582484.jpg
ちゃっちゃと分解・洗浄して、各部カジリが発生している箇所を砥石やホーニングブレードとか使って研磨して、新しいグリスを使ってステムを組み直して確認…うーん…ステムベアリング上下交換かな(部品は明日手配します)。

余談なんだが(このCRF関係ない話)、アルマイト掛かってるステムシャフトにべったりグリス塗ってるのを見るとアホちゃうかと思う今日この頃。鉄シャフト時代の名残なんだろうけど意味無いんだよなぁ…、と思いつつわたくしもステムシャフトにグリス塗る事もあったりする(長年の習慣恐ろしい)。まぁ薄くしか塗らないけどね-

a0086680_22595639.jpg
ホンダさんの部品は長時間使っても(そこそこメンテナンスしてある車両なら)美しいね-



めも。

・フォークオイル交換→COMPダンパー修理+O/H(外注)
・ステムベアリング上下交換
・フロント側ディスクローター交換
・フロント側パッド交換→残量はまだ有るので形状修正で対処


今回使用するフロントディスクはDELTA製になります(CRF純正ディスクは値段に不満が有るので無視)。
ディスク厚がSTDより大きいのでパッドに依っては不具合が発生するかも知れない注意(まぁ大丈夫ですけれども)

# by godflooring | 2017-04-25 23:01 | 仕事 | Comments(0)