デブコンもりもり。
主剤は長い事使ってないと、容器の底に粒子が粗い(硬い)成分が沈殿するので一旦ぜんぶ撹拌してから使用するが吉。
硬化剤はいつみてもマーガリンにしか見えんなぁ。
a0086680_02420389.jpg
一番内側の配管パイプと下側接合部の2か所が怪しいので盛大に盛りあげ。

液漏れしてる箇所のフィンはラジオペンチでバリバリ取り去ってから、パイプと接合部合わせ面の表面を覆う感じで全体を万遍なくデブコンで塗り込み、更に少量づつ押し込んで充填。

大量に使えば止まるって物じゃない(ので、最初に全体を漏れなくコートする)んだけど、仕上がりの美しさに拘って少量で済ませようとしても無駄ムダです。パイプの潰れた箇所に圧が集中するんで、充填する分はパイプ間に詰め込んでブロック化のイメージ。

「冷却効果が落ちるぞ」

目に見えて冷却効果が落ち込む様なら、漏れが発生していない箇所のフィンを少し間引いて下され。
そもそも自動車や二輪のラジエターはフィン間の隙間が狭過ぎるんで、ちょっと間引いたくらいでちょうど良いんですよ。

(某だーよし先輩に教えてもらって、自分のKX125で実験済)

これで盛れたらやり直し。
デブコンをある程度削り落として漏れてる箇所をV字に刻んで、そこ中心にデブコンを塗り直し。

「めんどくさそう」

面倒ですよ・・・。


因みに補修箇所が2か所以上になったら諦めてラジエター買って下さい。
ヤフオクに出てる中国製のやつが意外に良かったりします。めちゃ頑丈だからラジエターガード無くてもそこそこ強くなるし、純正より冷えるし(※でもRM-Z用のは一旦ラジエターぶった斬って再溶接しないと着かない件)。

a0086680_02520214.jpg
スタッド抜けしたTTRヘッドにもデブコン充填。
前オーナーさんがリコイル失敗してて、前回対処した時にパケットを接着剤併用で付け直したんだけど先日エキパイ外したら抜けちゃったみたい。

完全硬化後センターポンチ当てるトコから再開。
これでダメならアルミ盛り付けかな。




お米炊けた。
ほうれん草でも湯掻くとするか。





# by godflooring | 2017-07-25 02:54 | 仕事 | Comments(0)
冷静さを完全に見失っていた事に1日経ってから気付いた、そんなワタクシ。
なお現時点に於いて炊飯器のスイッチも入れ忘れている模様。


7月某日。

某IA様に「50ccの修理は?」と問われましたので
「車種は何でございましょ?」と尋ねましたら

「ズーマーだけど」と。


わたくし去年もズーマーを修理したのに、脳内では

a0086680_01340981.jpg
これの事か!?と勘違いしとりました。すみません(笑)。
俳優としては全然パっとしなかった(コメンテイターとしては秀逸だとは思う)おじさん若い。

a0086680_01341773.jpg
ズーマーはこっちですな。
修理ぜんぜん大丈夫ですよ~。

a0086680_01335704.jpg
ズークは形状だけじゃなく、使ってもヘンテコリンだったんだよなぁ・・・。
あれはかなり危険な乗り物(割と簡単にウィリーするんだけど、持続させるのが難しくてバランス崩して転倒しそうになった当時10代のワタクシ)。「よくまぁホンダもこんなの売るよなぁ・・・」とアタイは思ったものさ・・・(カワサキのチョイノリも酷いバイクだけど、あれ以上)。

タイヤパターンが足跡なんだけど、サイズが小さくて不安定さを助長。
「うーん、走らん!」って事でPAX-Sのエンジンに載せ替えたら増々フロントが不安定に。


凄くどうでも良い余談。

当時はセピアとかJOG-Zならお巡りさんに怒られるまでウィリーしてて、最長で5kmくらい(※当時の愛車であるG'やHi-UP Rはエンジンがタレたりフロントヘビー過ぎたので、そんなに長距離は出来ない)。レーレプ250ならもっと余裕。信号無けりゃ何キロでもいけたけど10年くらい前にCRM250で右足潰してから公道ウィリーは封印。なので多分おそらく今はヘタ(お、予防線ひいたな!?)。

あと、さっきの先輩との会話で話した事と被るんだけど90年代あたりはお巡りさんは本当怖くてね・・・何がどう怖かったのかは書きませんが(笑)。


モトクロス始めた時は「アスファルトでウィリーなら余裕なのにモトクロスで全然フロントアップ出来ないのはなんでや・・・」と落ち込んだのも軽いトラウマ(ウィリーとフロントアップは違う)。


あぁ、なんでもよいからわたしをバイクに乗らせてくれ・・・・・・。






いや・・・?
別に(もう)良いか(笑)。


でも8月はKX250F乗るぞ~

# by godflooring | 2017-07-25 01:42 | 仕事 | Comments(0)
ファミマ有能。
先輩(TT250R預かり)をオウチまで送ったついでにファミマで買い物。
a0086680_00352579.jpg
今月に入ってファミマ外れ、無し!
出来れば違う金麦が欲しかったが・・・うんまぁいいや。あとでごはん食べつつ呑もう。

「今週末には返したい」と思ってる17YZ250なんだけど、ドレンが抜けない以外にも色々とヤバそうな雰囲気がプンプン匂ってくるんだぜ・・・。
a0086680_00361066.jpg
例えばクーラントがこんだけしか出てこない件。
「お、おう・・・あれ?」と首を傾げてみて・・・

確認の為、自分のクーラントを定量まで入れて再度、排出。
a0086680_00381081.jpg
だよなぁ・・・YZ250ならこれくらいはフツーに出てこないとおかしい。
オーバーヒートさせたとは聞いていたけど、果たしてどこまで影響が拡がっているか不安で胸が一杯。

a0086680_00400081.jpg
どっちにしてもドレンボルトは車体に載ったままだと外せない(アンダーフレームが邪魔して真横からボルトを叩けない)ので、ちゃっちゃと降ろして・・・と思って作業し始めたんだけど藤沢の泥があちこちから落ちてきて、その都度お掃除。

結局作業開始からエンジン降ろすまで4時間掛かりました。
キャブも若干、泥吸ってる模様(白目)。

a0086680_00413324.jpg
450や2スト250はクランクケースが大きいのでスイングアームは完全にずらしてしまった方が簡単にエンジン降ろせます。CRFは450でもピボットシャフトひっかけたまま降ろせたっけ?

a0086680_00424198.jpg
エンジンさえ降ろしてしまえばドレンボルトは何やっても外せる、の図。
まぁドキドキ物だったんですけど(結局ドレン外す作業だけで1日以上を費やす、と・・・)。

YZのドレンは頭10mmの6角なんですけど、そこが半分以上砕け散ってました。ジャンプ着地か飛び石がヒットしたのが原因とは思うんですが、緩む方向にボルトが回る方が最悪なので(オイル全部抜けると最悪、ミッションとか全滅するんでね)まだラッキーだった・・・と思った方が世の中しあわせ。

a0086680_00462372.jpg
まぁドレン関係なくクランクケースは多分、分割かな。
クランクシャフトを交換するかどうか・・・は割ってから考えます。

正直「シーズン折り返しだし、この際は無条件でクランクは新品だぞ」と言いたいんですが・・・(外したクランクはO/Hして、シーズンオフのフルO/H時に投入するのが正しかろう)。

a0086680_00481396.jpg
ACGカバーのガスケットも下側が吹っ飛んでいたのでローター水没していた模様。
エンジン吹けなくなった原因はここかな?

あ。
a0086680_00490354.jpg
YZと言えば09YZ125のサスは昨日、コースから戻って速攻外しました。
軽く洗浄して梱包。同梱してる封書(封はしていないが)には現状セッティング数値と依頼内容を記載しています。KYB製コンプレッションダンパーと言えば砕ける事で有名ですが(と言うか言いふらしているのは俺だが)、あの樹脂部品を社外品に交換しなくても、純正のまま砕けにくくする対処方法は有るらしい。具体的に何をどうするのかは知らない。
勿論今回も破損防止対処を併せてお願いしておきました。

サス屋さんには本日発送しています。戻ってくるのは多分来週火曜から木曜あたり?

a0086680_00505307.jpg
エンジンとステアリングステム(ベアリングが上下、ダメになっているので)もタイミングを合わせて修理していきます。

RM-Z450のサスもサス屋さんに送らなきゃいけないんですが、クランクを広島に送ってから発送する事にします。
さすがにサス着いてない車体が3台あると身動き取れないし、こっちもサスが戻ってくるタイミングでエンジンを完成させる予定(スマホのスケジュール表が完全にテトリスとかコラムス状態)。

明日は再びCR125R作業に戻りつつYZ250エンジン分解。合間を縫ってTT250R修理かなぁ。
カワさん(この業界の大先輩だ)に「シノさんのホイールも早く作業しなきゃダメだぞ」とお叱り?のお言葉を頂戴したので、シール到着までにベアリングとディスタンスカラーは組み込んでおきます。リム組み立ても順次。


で、今からデブコン引っ張り出してTTRのヘッドと01RMのラジエター補修作業。
本日お預かり13RM-Zは水曜に作業します(お土産のおやつありがとう~)。



ごはん炊くの忘れてた。

# by godflooring | 2017-07-25 01:12 | 仕事 | Comments(0)
KDX250RとKDX250SRは別物。
相も変わらずお悩み中。
なおKDXオーナー様は現在全国キャンプドライビングを満喫中。えぇな・・・。

KDX250R→ベース車両がKX250なので国内外で今でも殆どの部品を入手できる
KDX250SR→KDX200SRをベースに進化した車両なので国内部品が無くなった時点でほぼ終了。Japanese Edition故に海外メーカー製品も殆ど見当たらず…なのだが、なんかヤフーショップとか眺めてみるとワイセコのがボア、ストロークともにSR用っぽいんだが(だが信用はしない)。

まぁ小端ベアリングとシリンダーガスケットが欲しいだけなんだけど(シリンダーガスケットは何故か国内在庫無し。が、05KX250のが同じ品番でUS在庫は有るっぽいからいつもの頼れるアニキ桜井氏に依頼する模様)。
因みに250SRはピン外径16mmなので250RやKX250のピン外径18mmと大きく異なる事からも別エンジンである事たからだ明か。KTM200XCや古いYZ125のピストンピンが外径16mmなんで、どーにか適合するベアリングを見つけたい物だが…

因みに以前O/Hした際に取り外したKIPSや中古ピストンは今日必死に発掘したんだけど肝心の小端ベアリングが見当たらない。となると、KDXを預かってから分解してベアリング取り外し、実測して完全に一致するベアリングを探すしか方法が無い。


誰か「このスモールエンド用が使えるぞ」と言うのをご存じの方は教えてくだされ・・・。

念のため言っておくとスモールエンドベアリングって単なるニードルベアリングとは違いますからね。まずコネクティングロッド用ベアリングって言う製品が通常のニードルベアリングとは扱いが違う。で、何がどう違うかは知らないんだけどビッグエンド用とも違うらしい。ケージの差異だとは思うんだけど。
86-96あたりのYZ125用が使えるんじゃないかなぁ、とは思っているんですが、コンロッドも確認しておかないとなぁ・・・。


取りあえずシリンダーガスケットだけお願いして、ヘッドガスケットとかは自分で手配します。
RM-Z450のコンロッド廻りもさっさと発注かけなきゃ…。

# by godflooring | 2017-07-24 16:12 | 仕事 | Comments(0)
単色なら問題無いんだけど。
01RM125ハブ塗装(外注)の件。

キャンディーカラーは同額だとイマイチ仕上がりが…って話。
まぁ「モトクロッサーだしコダワラなくても良いです。それより値段で!」って言ってお願いしてるので、あくまで値段なりです(相場よりかなり安いです)。

単色は文句なくキレイなんですけどね。
a0086680_23502448.jpg
リヤハブは1か所を除けば、ほぼ満点。
以前出したワタクシのCRよりも色合いが良いです(自分のより、少し濃い目で指定しました)。
a0086680_23513147.jpg
フロントハブはここらへんの赤が薄いな・・・。
まぁパウダーコート塗装でこの価格(ハブ1個の塗装につき1万円以下です)ですし。そもそもキャンディーカラーは3コートなんでね・・・(シルバー→載せる色→クリアー)。単色より本来は高いんですよ。

側面部は問題無し。

a0086680_23531932.jpg
リヤハブはスプロケット側が若干。
まぁココは汚れるので気にしないでクダサイ。

仕上がりに拘る場合は料金倍くらい見てもらえば依頼時に指示します。

a0086680_23560375.jpg
ファミマで買い物したら、クジ全部当たった。
こんなトコで運を使いたくないんだがなぁ…(ファミマとセブンはよく当たる。ローソンのクジは当たった事ありませんw)。


明日は溜まりまくった(遅延しまくり)作業を取り戻す為に午後1時か2時頃から仕事をします。
が・・・これは遅れを取り戻す為なので予定していない作業には対応出来ません。
申し訳ない。
朝は一瞬だけコースに居ます。
が、キョロちゃん先輩からすじこん買うだけなので用事を済ませたら速攻で撤収します。


サイレンサーのエンドピース手に入れたから自分のKX250Fを修理/整備したら乗りたいんだがなぁ・・・(鬱々)。

# by godflooring | 2017-07-22 23:59 | 仕事 | Comments(0)